onEdit extended triggerによるインクリメンタルサーチ機能

Author: takeuchi@fcs21.jp (richiet)

onEdit extended triggerによるインクリメンタルサーチ機能  Uniface 9.6.04から、onEdit イベントが新しくTriggerに追加されました。  この機能は、ユーザによってEdit Box にデータが入力された後、イベントとしてトリガ イベントが実行されます。  この機能を使うことで、インクリメンタルサーチ機能を実現することが可能です。     インクリメンタルサーチとは、検索したい用語を1文字ずつ入力するごとに、その時点で該当する  候補一覧を表示しながら絞り込んでいく検索方法です。 [機能説明] 検索項目に文字入力後、Edit Box のonEditイベントが発生し、 Extended Triggersに定義されているTrigger onEditが実行されます。 Trigger onEdit には、入力された文字列を元に検索が実行されるコードを   予め定義しておくことで、インクリメンタルサーチ機能を実現できます。 [Trigger onEdit サンプルコード]   trigger onEdit  variables string vSearchProfile   endvariables   clear/e "CUSTOMER"   if (NAME.DUMENT != "")   vSearchProfile = "%%NAME.DUMENT%%%・*"   NAME.CUSTOMER = $lowercase(vSearchProfile)   retrieve/e "CUSTOMER"   if ($status != 0) NAME.CUSTOMER=""  endif   end; onEdit trigger [サンプル]  [内容]   検索項目に検索文字列を入力するごとに、その時点で該当する   候補一覧を表示しながら絞り込んでいく  [使用手順]   1. データベースにテーブル名、CUSTOMER が存在する場合は削除(Drop)してください。   2. ONEDITFRM.xmlファイルをUniface 9.6.04にインポートする   3. ONEDITFRMフォームをコンパイルし、実行する   4. [データ作成] ボタンを押してテストデータを作成する   5. [検索文字]に次の順序で文字を入力する。    [実行結果]     検索文字列  該当する候補件数      t   8件      te   7件      tes   6件      test  5件      test 1   4件      test 12   3件      test 123   2件      test 1234  1件   ダウンロード ファイル名 : ONEDITFRM.zip  サイズ : 8KB

This page has no comments.